通販薬ガイド へようこそ!

通販薬ガイドへ訪問して頂き、ありがとうございます!

このサイトでは、ネット通販で人気のお薬を各ジャンルごとに紹介しています。

気になる項目から詳細ページへ移動できますので、ぜひ人気の治療薬をご覧ください♪

通販で人気のお薬から個人輸入できる医薬品(ジェネリック医薬品)をまとめています。

安心・安全に個人輸入できる医薬品通販サイトくすりぴあでは、いろんな症状に適した薬を取り扱っています。

個人輸入代行に関して

医薬品は個人輸入することができます。日本の厚生労働省のホームページにも記載されており、 個人で使用する事を目的とした上で決められた量の医薬品を輸入する事が認められています。

輸入できる範囲などは薬事法に定められていますので、薬事法について調べていただくことをオススメします。 日本では医師の診察や処方箋が必要なお薬も海外なら当たり前のように販売されています。これらを輸入するのが個人輸入です。 もし、個人で海外の医薬品を購入する場合には、薬事法に反してしまわないように法律をしっかりと理解してから購入しましょう。

また、会社宛の個人輸入などに関しては、宛先が会社となり、個人が使用する目的と認められない可能性もあります。 最近では個人輸入を代行してくれる通販サイトも多く存在しますので、安心・安全で購入したい方はそれらの通販サイトを使用することをオススメします。 医薬品は正しく、安全に使用しましょう。

薬事法とは

薬事法とは、医薬品・医薬部外品・化粧品などの品質や有効性などの安全確保の為に規制をして、指定薬物の規制措置、 また、その措置の必要性が高い医薬品や医療機器開発促進の為に必要な措置を講じて保険衛生の向上を目的としている法律の事をいいます。

医薬品に関する「製造・開発・広告・販売」などに関して、細かくルールを定めてあるのです。

薬事法に関しては、前途していますが、医薬品系や化粧品などによって、それぞれ定められていますので、 海外から医薬品を輸入する場合や、医薬品を作成するときには要注意なのです。

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも呼ばれていて、医薬品そのものに対する有効成分の特許期間が終了した後に、 他の製薬会社が同じ成分を使用して医薬品を製造・開発した医薬品です。

医薬品には「物質特許」「製法特許」「用途特許」「製剤特許」の4種類があり、 これらの特許期間が終了すると他の製薬会社からも同成分を使用して薬を販売することができるのです。

日本でも徐々にジェネリック医薬品の取り扱いが増えていますが、海外ではED治療薬、AGA治療薬、美容薬など幅広い医薬品にジェネリックが存在しています。

ジェネリック医薬品の特徴としては、有効成分に対する開発費がかからないので、安価で販売できるとうのが特徴です。

このページの先頭へ